{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

エバーグリーン アントライオン 2.7インチ

¥880 税込

送料についてはこちら

  • ブラック/レッドクロー

    SOLD OUT

  • コザリ

    SOLD OUT

  • ソリッドブラック

    SOLD OUT

  • バジルシュリンプ

    SOLD OUT

  • グリーンパンプキン・BK

    SOLD OUT

  • グリーンパンプキン・BL

    SOLD OUT

エビ喰い、ハゼ喰い、さらにはワカサギ喰いにも口を使わせる。 バスの本能を刺激するアリジゴクの誘惑。 菊元俊文プロデュース、アントライオン。ジグ番長・菊元俊文がスモールラバージグ用のトレーラーとしてつくりあげたカタチはただコンパクトなだけでなく、バスの本能を刺激するギミックを備える本格派。 後方(ツメ側)重心設計から来るコンパクトベイトとしては破格の投げやすさ、そして抜群の飛距離。頭部から突き出たウサギの耳状のツメとボディ上部から出たツメといった別形状の2種類のツメが生み出す複雑な水流。さらには着底後のポーズで、それぞれのツメがタイムラグのある倒れ込みアクション等々……バスをバイトさせる数々の仕掛けを詰め込みました。なかでもC-4ジグと組み合わせてボトムジャークすると、左右へのドッグウォークアクションを実現。バスにその存在をアピールします。 もちろんトレーラーとしてではなく、ドロップショットリグやキャロライナリグ等での単体使用も効果的。ツメによるアピールに加え、ボディサイドの4本の触手と2本のヒゲが各々別に微振動しバスの本能を刺激。スレたラージマウスバスのみならず、タフコンディション下のスモールマウスバスにも効く切り札となります。また、これらの細かいパーツは、ラインヨレの原因となるリグの回転やボトムで根掛かる原因となる横倒し防止のバランサーとしての役割も併せ持ちます。 スピニングタックルでもベイトタックルでも使える汎用性を持ち、実戦テストでは、クリアーウォーター、マディーシャロー、カレントの中、シャロー、ディープ、ボトム、中層、対ラージマウス、対スモールマウス等様々なフィールドで実績を重ねてきました。落ちパク、ズル引き、ポーズ、ミドスト、さらには裏技の速巻き等あらゆるメソッドで。エビ喰いにもハゼ喰いにも。さらにはワカサギ喰いのバスにさえ口を使わせる威力がこのコンパクトなボディに秘められているのです。 ちなみにアントライオンと言うのはアリジゴクの意。アリジゴクに落ちたアリのように、ひとたびアントライオンの射程圏内に入ってしまったバスは、アントライオンに引き寄せられ逃れることができなくなるというのがネーミングの由来です。